Overlay

超音波シール

 

超音波シールでは、溶解に必要な熱は熱可塑性樹脂の溶解部でのみ生成します。局所的に振動が摩擦熱に変換され、アンビルやホーンのプロファイルのほとんどは線形となります。上記のプロファイルはエネルギーの集約を確実にし、100~200ミリ秒の短いシール時間を実現します。熱シールなどのように外部から熱を入れるのではなく、超音波シールではフィルム内側に熱が生成されます。パッケージング材料と直接接触するツール(ホーンおよびアンビル)は、溶着加工時を通して冷却されたままとなります。サポート層はほぼ冷却された状態を保ち、エネルギー投入終了時にはサポート層とシーリング層の温度差により発生した熱が迅速に消散します。そしてホットタック抵抗は有意に高くなります。

超音波シールは特に以下に適しています:

  • 熱可塑性樹脂フィルム(パウチおよびバッグ)、チューブ、容器、およびカップ
  • チューブ、容器、およびカップ
  • 熱可塑性樹脂でコーティングされた段ボール素材
  • フィルム/フィルター材質のバルブおよびベント
  • コーティングされた段ボール素材/フィルムのねじぶた



  • Joint design – focusing by means of contouring of the anvil structure
    Joint design – focusing by means of contouring of the anvil structure
  • Generation of heat during ultrasonic sealing
    Generation of heat at the inside of the seal during ultrasonic sealing

ULTRASONIC FUNDAMENTALS OF PACKAGING_ENG

PDF, 436 kB ULTRASONIC FUNDAMENTALS OF PACKAGING_ENG in download cart file in download cart
  • Longitudinal seal – Pillow bags – VFFS
    Longitudinal sealing ensures protection of the product through reduced drop heights and saves packaging material due to minimum film overlap
  • Pillow bag with Euro hole punch
    Longitudinal sealing and cutting of Euro hole punches by means of ultrasonics
  • Cross sealing for pillow bags VFFS
    Hermetic seals, even with contamination in the sealing area. It is possible to produce completely air-free pouches with liquids
  • Top seal for stand-up pouch HFS/HFFS
    The ultrasonic sealing technology guarantees absolutely tight seals both for hot-fill and for aseptic or retort pouches
  • Top seal for sachet or pouch HFFS
    The vibration of the ultrasonic tools allows for obtaining reliable seal quality despite a dusty filling environment
  • Longitudinal and cross sealing with Flow Wrapper HFFS
    Reduction of rejects counts and product protection thanks to application of cold sealing tools. No problematic cold sealing adhesives required