超音波溶着 金属

自動車やエレクトロニクスなどの業界では、同じ金属や異なる金属を接合することがあります。金属の超音波溶着は、溶着ポイント以外はほとんど熱が発生しない冷間溶着プロセスです。このポイントで、接合するパーツに高周波の音波を導入します。正確なツールを使用することで、すべての溶着プロセスで安定した品質を実現し、常に再現性のある結果を得ることができます。 

利点

金属の超音波溶着には、金属ガス溶着などの従来の溶着方法に比べていくつかの利点があります。

  • 超高速:プロセス全体はほんの一瞬で完了します。
  • 正確さ:幅広い溶着プロセスパラメータにより、正確で再現性の高い結果を得ることができます。
  • コスト効率の良さ:はんだのような他の添加剤が不要。
  • 環境への配慮:エネルギー消費が少なく、化学的なツールも使用していません。
  • 特徴:超音波溶着は、接続箇所で高強度と優れた導電性を保証します。
  • 穏やか:溶着現場から離れた場所でも、金属の損傷や変形はありません。
  • 安全性:超音波溶着では火花や煙は発生しません。

どのような仕組みになっていますか?

発振器は高周波を供給します。それを振動子で機械的振動に変換します。振幅変換は、振動の振幅を変化させます。ホーンもこれを行うことができ、その主な役割は、超音波を上部のアプリケーションに水平に導入することです。アンビルが下部のアプリケーションを固定している間、超音波がそれを動かします。摩擦が発生し、金属の粗さのピークが摩耗し、最上部 (酸化物) 層が破壊され、金属が塑性変形します。これで、アプリケーションは溶けずに接合できます。これは、フィルム、薄いシート、ワイヤーに最適です。

operating principle ultrasonic welding of nonferrous metals

アプリケーション分野

超音波は、さまざまな産業や分野で使用されています。

アプリケーションソリューション 金属溶着 エレクトロニクス

消費財:たとえばリモコンの最小の電気接続は、超音波を使用して迅速かつ正確に確立できます。

超音波で溶着されたリチウムイオン電池

バッテリー:リチウムイオン電池 (LIB) の需要はますます高まっています。陽極 (銅箔) と陰極 (アルミ) を接合するには、長期的なプロセス信頼性を備えた最高レベルの接合技術が必要です。超音波溶着は、電池製造において信頼性の高い方法です。

自動車:自動車業界では、ケーブルハーネス製造者が超音波溶着技術を活用しています。車のインテリアの構成部品は、超音波のヘルプにより接合されます。クロム製の構成部品 (たとえばクロム製のリングなどの装飾部品) を接合することができます。

金属アプリケーション 自動車産業のための金属溶着

エレクトロニクス:ケーブルやターミナルの接続には、超音波技術を用いて迅速かつ安全に、そして正確に溶着することができ、繊細な技術を危険にさらすことはありません。

金属アプリケーション ケーブルターミナル溶着 プロセスの安全性

ダウンロード

FUNDAMENTALS OF METALS
バッテリー, 自動車 pdf 2 MB pdf 1 MB pdf 2 MB
BATTERY
バッテリー pdf 2 MB pdf 1 MB pdf 1 MB pdf 2 MB
AUTOMOTIVE
バッテリー, 自動車 pdf 2 MB pdf 2 MB pdf 2 MB pdf 1 MB pdf 2 MB pdf 1 MB pdf 2 MB pdf 994 KB
ELECTRONICS
エレクトロニクス pdf 1 MB pdf 3 MB pdf 1 MB
ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。
Consulting
André Deponte and Team
Consulting
André Deponte and Team