Perfect Product

最高の接合精度を実現する超音波溶着機

超音波溶着技術は、熱可塑性材料と非鉄金属の接合に特に適した接合技術です。プラスチック加工業界では、マニュアルのワークステーションがさまざまな方法で活用されています。接合するプラスチックコンポーネンツをユーザーが手動でロードし、溶着後に再び超音波溶着機から取り出します。コンポーネンツのサイズや形状に応じて、1つまたは複数の超音波ホーンで溶着できます。部分的に自動化されたソリューションは、高品質な熱可塑性製品生産の作業工程をサポートしますが、銅やアルミニウム、つまりLIバッテリーやケーブルハーネスのアプリケーションに適したプラットフォームも提供しています。ハーマン社のすべての超音波溶着機の開発と生産は、シリーズ機やカスタマイズ機の場合でも、ドイツのカールスバッドにある本社工場で行われています。

ハーマン超音波溶着機の利点

HiQ製品ライン、ULTRACELL、ULTRASAFE、パンチングおよびシーリングシステム、ULTRALINEの超音波溶着機の特長:

  • 溶着プロセスコントロールが高い接合精度を保証
  • 「メイド・イン・ドイツ」の開発と生産
  • 各マシンは、厳しい機能性試験とリリースチェック(FAT)に合格
  • 高度な技術水準により、実証済みのコンセプトを具現化
  • 総合的なアプリケーション開発コンサルティング –  HERRMANN ENGINEERING

業界の幅広い用途に対応

超音波溶着機はさまざまな業界で使用されています: 自動車、 消耗品、 エレクトロニクス または 医療。強度を維持し、気密性が高く、視覚的に美しい接合が求められるケースに適しています。すべての超音波溶着機で、超音波発振器が高い再現性を保証します。専用に開発されたコントローラーと適切なソフトウェアを使用して、溶着プロセスを簡単に最適化することができます。

ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。