パッケージの溶着

パッケージ業界でも溶着の重要性が高まっています。フィルムなどの柔軟性のあるパッケージや、飲料用カートンなどの寸法安定性のあるパッケージ材をこの方法で接合することができます。超音波シーリングは、特殊な溶着の一種です。熱は、溶着される材料内でのみ発生します。その結果、パッケージの内容物はごくわずかな熱にしかさらされません。また、アンビルがエネルギーを集中させることで、スリムでタイトなシームを実現しています。これにより、エネルギーと梱包材が節約されるため、他のシーリング方法よりも環境にやさしいです。

アプリケーション エンジニアリング

超音波シーリングはさまざまなアプリケーションに適しています

フィルムの溶着に特に適しています

特にフィルムパッケージは超音波シーリングが有効です。これにより、製品残留物が溶着シーム部分に排出されます。100 %タイトなシームができます。サーマルロードが低いため、見栄えを良くするために重要な、いわゆるフィルムの収縮はありません。

完璧な製品

パッケージング技術のための超音波シーリング技術

Herrmann社の超音波シーリング技術は、シーム部分が汚れていても、高いプロセス速度でタイトなパッケージを実現します。超音波ツールは、パッケージング装置をスイッチオンするとすぐに準備完了になります。短いシーリング時間とコールドツールにより、パッケージ材と製品は特に優しく加工されます。Herrmann社の超音波は、新規および既存のパッケージシステムに迅速かつ容易に組み込むことができるさまざまなパッケージ形状やアプリケーションのためのソリューションを提供します。

業界ソリューション

多彩なアプリケーションの可能性

超音波シーリング技術は、多くの業界で製品のパッケージ用に使用されています。丈夫で、高密度で、見た目にも美しいパッケージが求められる箇所に。超音波発振器は、すべてのシーリングアプリケーションで再現性のある結果を保証します。特別に開発された機能と外部のセンサー信号により、不良状態を確実に検出し、損傷した密封パッケージを排出することができます。

アプリケーション エンジニアリング

業界ソリューション

ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。