フィルムの超音波溶着

たとえば、パッケージ業界でのフィルムの溶着が重要です。フィリグリーフィルムは、溶着したり、他の材料と組み合わせたりすることができます。このようにして、コーヒーカプセルや飲料パッケージなどが作られています。フィルムの超音波溶着の特徴:熱は材料内で発生し、外部からは加えられません。つまり、必要な温度が高すぎず、フィルムにダメージを与えず、フィルムの収縮を防ぐことができるのです。

その仕組みは以下の通りです。

発振器で発生した高電圧は、振動子で機械的振動 (超音波) に変換されます。溶着ツール (ホーン) は、これを溶着するフィルムに転送します。摩擦熱が発生し、短時間でフィルムが熱くなります。フィルムにかかるホーンの圧力により、接合が行われると同時に、溶着ツールが加熱されないため、溶着シームが冷却されます。

フィルムと超音波シーリング

超音波シーリングのヘルプにより、フィリグリーフィルムまたはラミネートの接合にも使用できます。超音波によって、重ね合わせた層の分子が振動します。摩擦により、2つの層の接触ポイントで局所的な熱が発生します。そこで素材が接合され、溶着シームが形成されます。シームが冷えた後の接続部は、元の材料とほぼ同じ強度になります。

ダウンロード

FUNDAMENTALS OF PACKAGING
消耗品, 食品 pdf 669 KB pdf 670 KB pdf 679 KB pdf 711 KB pdf 713 KB pdf 2 MB
ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。