お問合せ

超音波溶着セミナ

お早めにお申込み下さい。詳しくはこちら

超音波溶着-自動車業界-での応用

自動車

自動車は10,000をはるかに超える数の部品で製造されていますが、それらの部品の多くは熱可塑性の樹脂を原料としています。超音波溶着は、大量生産で多数の部品を溶着する際に最も適した技術として認められています。

食品

優れたパッケージングにより食品を状態よく保存し、さらに新鮮さを長く保ちます。超音波溶着の技術は経済的な工法として定着しヒートシールの代替となっています。

衛生

接着剤を使用しないラミネーティングと、熱を使用しないエンボス加工-不織布のためのクリーンな技術である超音波溶着がこれを実現しています。材料は局所的に発生した熱により結合しています。

医療

超音波溶着により製品の機能性を維持し、その他の加工方法では成し得ない継続的な加工モニタリングを実現します。最大130の異なる加工参照データを利用でき、視覚化も可能です。

エレクトロニクス

センサーや電気部品はその業界における製造現場だけでなく、オートメーションエンジニアリングや日常生活での場面でも使用されています。

超音波金属接合-バッテリー業界におけるアプリケーション

バッテリー

近年、バッテリー製品の品質に求められる条件は、ますます多様化し複雑になっています。精度や強度に加え、製造プロセスの検証やトレーサビリティなども品質基準として重要視されています。超音波接合は、これらの要件を満たす最適な接合技術として認められています。

日用品

超音波を使用すれば費用対効果の高い方法で日用部品を製造でき、同時に設計上の非常に高い柔軟性がもたらされます。美しい外観と 生産スピード、そして形状における高度な要件を満たしています。

自動機用モデル

自動機のシステムは年々複雑化しており、よりフレキシブルで効率的なモデルの需要が高まっています。 ハーマンでは様々な自動機に対応できるシステムや部品を提供しています。