お問合わせ

採用担当
連絡先

ニュース

ハーマンに関わるニュース、プレスリリース、そして出版物。詳細はこちら

2015年

拠点の拡大

マレーシア、オーストリア、ブラジル他にテックセンターを設立し、テクニカルアドバイスやテストを実施することが可能となる。

2015年4月

日本支社設立

日本国内におけるサービス体制の拡充を図ることを目的としてそれまでの代理店から日本支社に移行。東京大学をはじめとした大学のキャンパスが多い千葉県柏市に設立され、各種試験機と測定器を備えた実験室では様々な試験の対応が可能となる。


2014年

スウェーデン拠点

より地域に密着できるようにスウェーデンのハルムスタードに12番目のテックセンターを設立。

最新の高速連続溶着機の導入

最大800m/minに対応する最新の不織布連続溶着用の試験装置を導入。


2013年

 発明家賞受賞

超音波溶着機のマーケティングに貢献したとして、創業者であるウォルター・ハーマンがthe Center for Energy Harvesting Materials and Systems(CEHMS)を受賞。

地域密着

販売と流通のネットワークを拡大させる為にベネルクス、トルコ、ポーランドにテックセンターを設立。全てのテックセンターで溶着テストが可能に。

社員に高いモチベーションを持たせるトレーニング、教育が

なされているとして、2013年にTOP JOB awardを再び受賞。


2012年

新たなテックセンターを設立

ハンガリーとチェコにテックセンターを設立。


2011年

創立50周年記念式典

創立50周年を記念し、2011年11月3日、本社のあるKarlsbadで750人のゲストを迎え式典を開催。ワークショップや工場ツアー、ハーマン社の歴史やテクノロジーなどを紹介。

フランスに新たなテックセンターを設立。


2010年

新モデルHiQマシーンの導入

2010年に新モデルの溶着機を発表。操作性と安定性を兼ね備えた最新の超音波溶着機が新たなスタンダードとなる。

新しい品質ラベル”ULTRA³”

ハーマンのイメージカラーでもあるこの赤い新しいラベルは「正確」「フレキシブル」「経済的」であることを強調している。


2009年

新たなパートナーシップ

インドのUnimark社および韓国のEcoSonic社とパートナーシップを締結。

優れた操作性と安定性を兼ね備えた超音波溶着機としてハノーバーメッセに招待される。


2007年-2008年

2007年9月にドイツ本社の延床面積を4500sqmに拡大。生産体制の強化を実現。


2007年

現CEOのThomas 

Herrmannがアメリカ支社からドイツ本社に戻りドイツ本社とアメリカ支社の双方のCEOとなる。

ドイツ北部とメキシコにテックセンターを開設。

パッケージ部門を設立。


2006年

アメリカ支社の新社屋を建設

イリノイ州のBarletに新築され、延床面積が1900sqmとなる。

不織布分野での発展に貢献したとして、発明大賞を獲得。これまでは研究所や科学者だけが受賞していた賞であり、大きな功績となる。


2005年

中国市場での拡大を視野に中国支社を設立。


2004年

ドイツ経済担当大臣であるErnst 

Pfisterより創始者であるWalter Herrmannへバーデンヴュルテンベルク州のビジネスメダルを授与。


2003年

中国市場への進出。XiZi社との打ち合わせを

重ね、合併事業契約を締結。


2002年

スペシャルアワード TOP JOB受賞


2001年

スペシャルアワード受賞

顧客等から高い信頼を得たとしてドイツの中小企業TOP100に選出。


2000年

更なる成長

国際的な顧客や様々なアプリケーションに対応していくために10,000平方フィートの土地に各種施設を建設。


1998年

超音波発振器を完全デジタル化

デジタルテクノジーをベースとし耐環境性能にも優れた最新の超音波発振器「DYNAMIC digital Control」を発表。


1996年

不織布の高速連続超音波溶着

新たなテクノロジーによって不織布のラミネート加工やエンボス加工の特許を取得。同時にINDEX 96を受賞。


1991年

30年後

創立30周年を記念してDIALOG controllerをリリース。 超音波溶着のリーディングテクノロジーとして世界に紹介される。


1990年

アメリカ市場に進出

創業者Walter Herrmannの息子であるThomas Herrmann がグローバル化を図るためにアメリカ支社を設立。


1985年

世界初のグラフ表示

ハーマンのDIALOGが世界で初めて超音波溶着工程を詳細に可視化。


1974年 

飛躍的進歩

継続的な研究に基づき最新のトランジスター型超音波発振器をリリース。


1973年

ハーマングループの本社拠点を新たにドイツ・カールスバードに置き、更なる発展を目指す。


1963年

創業者であるWalter

Herrmannga初めて圧電振動を用いる超音波発振器の製造に成功。


1961年

会社設立

設立した会社名はWalter Herrmann Elektronik und Maschinenbau。
独自の超音波発振器の開発と改良は設立時からの一環としたテーマとなっている。