超音波シーリング

超音波シーリングは、食品業界のパッケージソリューションに最適です。魅力的な外観、長い保存期間、100 %の漏れ防止 - これらは製造者と消費者の基準です。そのため、このタイプのシーリングは特に以下の用途に適しています:

  • パウチ用熱可塑性プラスチックフィルム (例: 冷蔵室のサラダやお惣菜のパウチ)
  • チューブ、紙パック、カップ (例: ヨーグルトのポットの蓋、歯磨き粉のチューブの出口)
  • 熱可塑性コーティングされた段ボール (例: 飲料用カートン)
  • フィルム/フィルター素材のバルブ (例: コーヒー豆のパッケージ用ガス抜きベント)
  • コーティングされた段ボール/フィルムのスクリューキャップ:牛乳用キャップ

超音波シーリングの仕組み

operating-principle-ultrasonic-sealing-of-films-and-packaging-materials

溶着ツール (アンビルやホーン) は、超音波のエネルギーを溶着する箇所に集中させ、摩擦熱を発生させます。シーリング時間は100~200ミリ秒です。ヒートシーリングとは対照的に、超音波技術で必要な熱は、溶着される材料内でのみ発生します。ツールは冷たく保たれで、放熱をサポートします。ホットタック抵抗 (冷却せずに溶着直後のシームの強度) は、他の溶着方法に比べて格段に高くなっています。

フィルムの超音波シーリングについての詳細

ジョイントデザイン - その仕組み

ピンポイントの精度で溶着するには、超音波のエネルギーを集束させる必要があります (エネルギーフォーカス)。これは、ツールの形状または素材のジョイントデザインのいずれかを介して機能します。ジョイントデザインでは、素材が接合される面積、範囲に先端やエッジなどの特別な形状を持たせます。ツールの形状では、ホーンまたはアンビルはエネルギーを集中させるために特別な形状になっています。

熱発生

シーリング前の超音波シーリングフィルム
ホーンはまだ冷たいフィルムの上に移動し、超音波を導入します。
超音波シーリング 2枚のフィルム間の熱発生
アンビルがエネルギーを集中させ、フィルムの中で正確に熱を発生させます。
超音波シーリング 融点 フィルム
フィルムは溶けて、追加の圧力によって結合されます。
アプリケーション エンジニアリング

シーリングシームの例

ダウンロード

FUNDAMENTALS OF PACKAGING
消耗品, 食品 pdf 669 KB pdf 670 KB pdf 679 KB pdf 711 KB pdf 713 KB pdf 2 MB
ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。