ハーマンの超音波シーリング

迅速かつ簡単にサステナブルなパッケージプロセスを実現

パッケージの不良品を減らしたい、ヒートシールに代わる省エネかつ環境に優しいパッケージを使いたいと思いませんか? そんな希望を叶え、持続可能なパッケージプロセスを実現するための正しいソリューションが超音波シーリングです。当社までお問い合わせいただければ、便利、かつ迅速、経済的な方法で、アプリケーションへの「持続可能性」というメガトレンドの導入を目指し、お客様と協力してプロジェクトを始動します。

振動でシーリング部から内容物の位置をずらすので、パッケージの漏れを防ぎます

当社のプロセスセーフテクノロジーにより、サラダのパックの不合格品の発生が減少しました。

超音波シーリングは省エネを実現します。

省エネ

超音波技術ではシーリングの間だけエネルギーを消費するため、他の熱シーリングプロセスのような高い待機消費は必要ありません。予熱がなくてもすぐに使えるため、最大75%の省エネが可能で、環境を守るだけでなく、コストも削減できます。

光学的に優れた単一素材のシーリング

本当のサーキュラーエコノミー(循環経済)を実現:1種類のパッケージで可能に。単一素材のシーリングは、従来のプロセスでは限界がありますが、超音波シーリングの素材を保護する性質を活かせば、その適用範囲が広がります。

超音波は、シーム(接合部)の内側だけに熱エネルギーを発生させます。同じ素材でありながら、キャリアレイヤーは融解しません。同時に、導入するエネルギーも細かく定義できます。これにより、熱に弱い単一素材を使用したパッケージでも、美しい仕上がりを実現することができました。

SUSTAINABILITY

象とキャットフードの関係とは?

水分を含むフレークのキャットフードをスタンドパウチにパックするお客様がいます。この工程では、不良品が発生し、廃棄されるという問題が繰り返されていました。当社の信頼性の高いシーリング技術に切り替えることで、漏洩の発生件数を0.05%から0.00001%に削減することができたのです

それほど大きな影響ではないように見えますが、毎日となると膨大な量になります。これは、成長した象1頭分の重さに相当し、4.4トン以上のキャットフードを廃棄から救ったことになります。 

漏洩防止パッケージは、プラスチック廃棄物の削減に加え、人間や動物にとって貴重な食料の保存に貢献します。 

数トン分の廃棄処分を防ぐ

ウェットフード、パウチ入り飲料、粉体充填品などの種類を問わず、超音波シーリングはパッケージ不良を大幅に削減することができます。超音波振動でシーリング部から内容物の位置をずらすので、クリーンなシーリングが可能になります。その結果、食品をより確実に密封するので、食品の賞味期限を延ばすことができます。

パッケージに不具合が発生した場合、超音波発振器ですぐに検知し、排出します。
このようにして、1日に数トン分の食品廃棄物を防ぐことができるのです。

生産開始からパッケージの無駄を省く

超音波のシームは、熱シーリングよりもスリムで、シーリング部分の汚染のリスクがないため、ヘッドスペース容量を小さくすることができます。同じ内容物でもパッケージのサイズを縮小することができ、素材を最初から節約し、環境にゴミとして排出されないように工夫できます。

当社のノウハウを活かして、パッケージプロセスを最適化しませんか?当社までお問い合わせいただければ、便利、かつ迅速、経済的な方法で、アプリケーションへの「持続可能性」というメガトレンドの導入を目指し、お客様と協力してプロジェクトを始動します。 

お問い合わせ 

展示会 + ウェビナー

ご来場をお待ちしています!

ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。