GDPR第13条に準じた情報およびアクセスの提供義務 - サプライヤー、サービスプロバイダーなど

コントローラーの氏名および連絡先(GDPR第13条(1a))

Herrmann Ultraschalltechnik GmbH & Co. KG

Descostr.3-11

76307 Karlsbad

データ保護責任者の氏名および連絡先(GDPR第13条(1b))

ENSECUR GmbH
Amalienstr.24
76133 Karlsruhe

責任者:Michael Konitzer氏

dsb-herrmannultraschall@ensecur.de

データ処理の目的および法的根拠(GDPR第13条(1c))

  • 事業目的達成のためのサポートサービスの購買および取扱い(GDPR第6条(1f)*)
  • 法的義務のコンプライアンス(GDPR第6条(1c))
  • 情報資料の送信(GDPR第6条(1b))

利害の重み付けにあたってコントローラーの利害(GDPR第13条(1d))*

  • 法的権利の主張および訴訟の弁護
  • 会社のITセキュリティおよびITオペレーションの保証
  • 違法行為の防止
  • 会社管理およびサービスと製品のなお一層の開発

個人データの受信者およびそのカテゴリー(GDPR第13条(1e))

行政当局、金融機関、監査人、廃棄サービスプロバイダー、会社内で使用するソフトウェア製品のプロバイダー。

非EU各国への転送(GDPR第13条(1f))

非EU各国に転送されるデータはありません。

法定保管期間に準じた保存期間(GDPR第13条(2a))

一般論として、例外的なケースとして法定保管期間が長期にわたる場合または係る保管にデータ主体が異議を申し立てない場合、個人データは契約締結された事業提携期間満了後10年以内に消去されます。事業提携が契約書として締結されていない場合は、当該データは事業提携における利害が消滅したときに消去されます。

情報、修正、消去、制限、データ耐久性、異議申立に対する権利(GDPR第13条(2b))

データ主体者としての利用者は時期に関係なく、情報、修正、データ消去、処理の制限、データポータビリティに対する権利を有します。連絡先情報に提示された責任者に問い合わせてください。

異議申立の権利(GDPR第21条(1))

正当な利益を満たすために利用者のデータが処理される限りにおいて、係るデータ処理に反対する特段の事情が利用者側に生じた場合には、係る処理に対して利用者はいつでも当社の連絡先に問い合わせて、異議を申し立てる権利を有します。それを受けて、保護するに値する重大な利害が当方にない限り、当社は当該処理を取りやめます。

苦情申出の権利(GDPR第13条(2d))

データ主体者としての利用者はその時期に関係なく、ドイツ連邦共和国バーデン・ビュルテンベルク州政府のLandesbeauftragter für den Datenschutz und die Informationsfreiheit(データ保護および情報公開責任者)に対して、苦情を申し出る権利を有します。

ご質問はございますか?
弊社がお手伝いいたします。